圧力鍋の使い方:初めてでも安心!圧力鍋との上手なつきあいかた

圧力鍋のキホンは4ステップ

1. 火にかける
鍋の中に材料を入れ、ふたをして、鍋底からはみ出さない程度の強火にかけます。
火にかけてから数分〜十数分後、フロートから蒸気が出はじめ、その後、フロートが浮き上がります。フロートが浮き上がるまでの時間は、なべの中の調理物の量が多いほど、時間がかかります。
イメージ
2. 加圧する
火を弱めず加熱を続け、さらに数分後、おもりがシュッシュと動き出します。おもりが勢いよくふれはじめたら、おもりがギリギリふれる程度の弱火にして加熱時間を計ります。
イメージ
3. 蒸らす
時間が来たら火を止め、フロートが下がるまではそのまま自然放置します。自然放置の時間は内容量によって異なりますが、5分〜20分ほどです。また、レシピによっては急減圧や急冷をします。
イメージ
4. ふたを開ける
フロートが下がり、蒸気が完全に抜けたのを確認してから、ふたを開けて出来上がり!レシピによっては、さらに煮詰めたり、味の調整などをします。
イメージ

動画でチェック!

準備・お料理からメンテナンスまで

魔法のクイック3.0Lの場合

付属のDVDには、本紹介ムービーのほかに、丁寧で分かりやすい使い方や、実際の料理手順を確認できるレシピ動画を収録しています。
初心者の方も安心して圧力鍋料理をすぐに楽しめます。
HDシリーズにもDVDが付属しますが、製品が異なるため内容は異なります。

ワンダーシェフチャンネルでも圧力鍋の様々な使い方動画を掲載中

上に戻る