圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

ナスと挽肉のカレー

  • 肉料理
  • 野菜料理
  • 米・豆・卵・その他
  • 煮る
  • 洋食

印刷する

602kcal

どこにナスが入っているの?というくらい、ナスの形がないカレーです。
でも、形のなくなったナスのおかげで、味・食感的には、ふわっとしたカレー味ミートソースとなりました。
子供から大人まで好評の一品。
ご飯でなくて、スパゲティでも美味しいと思います。
大人向けには、レッドペッパーや一味唐辛子を加えた方が大人の味になります。
(子供分を取り分けた後、加えることも可)

材 料

油:大さじ1
牛肉赤身の挽肉:300g
油:大さじ3
玉ねぎ:2個
にんにく:大きいのなら1かけ、小さめなら3かけ
生姜:1かけ
カレー粉:大さじ2~2+1/2
スープの素:2個分
完熟トマト:1個
水:2カップ
なす:300~400g(一袋)
トマトケチャップ:大さじ2
ウスターソース:大さじ1
塩胡椒:少々
冷凍の枝豆:適宜
茹で卵:1個

■使う道具
フライパン
圧力鍋

作り方

(1)たまねぎは薄くスライス、にんにくとしょうがはみじん切り。

(2)ナスは、縦半分に切ってから、2~3cmの幅に切って圧力鍋に入れる。

(3)トマトは熱湯に浸けて、皮を剥き、種とヘタを取り、適当に刻んで、圧力鍋に入れる。

(4)フライパンに油大さじ1を入れて熱してから、挽肉を入れ、ボロボロになるまで炒めて圧力鍋に入れておく。

(5)フライパンに油大さじ3を足して熱し、タマネギを入れて強火で時々かき混ぜながら、水分を飛ばす。

(6)水分が飛んだら、火加減を少し落とし、焦げないで茶色くなるように炒める。
茶色くなり始めたら、にんにく・生姜も加え、一緒に炒める。
(黒焦げを作らないように炒めること。黒焦げ部分が出来そうになったら、その部分に水をかけて、焦げを伸ばすこと)

(7)(6)が美味しそうな薄茶色になったら、カレー粉を加え、軽く香りが出るくらいに炒める。

(8)(7)に水を加え、沸騰したら、スープの素を入れる。

(9)(8)を圧力鍋に入れて、蓋をしないで火にかけ、全体をかき混ぜ、少し沸騰を続けて、アクを取る。

(10)圧力蓋をして、圧がかかったら、弱火にして 普通圧5分 又は 高圧2分30秒 加圧、その後、消火、自然放置する。

(11)蓋を開け、浮いているアクを取り、全体を混ぜる。

(12)再び点火して、蓋をしないで、5~10分煮詰めてとろっとさせる。

(13)トマトケチャップとウスターソースを分量よりちょっと少なめに入れた段階で味を見て、これらの材料と塩・胡椒で味を調整して出来上がり。

<ポイント>
圧をかけ終わった段階ではまだナスは形が残っているが、かき混ぜた後に煮詰めるとすぐに形がなくなってしまう。
具の枝豆は、カレーが出来上がった段階でカレーの中に入れても良いが、彩り的には、お皿にカレーをかけた後に、散らした方がきれい。
また、彩り的には、薬味として、茹で卵のみじん切りも合う。(味をマイルドにする効果もある)

使用鍋:ワンダーシェフ 6L(普通圧)

上に戻る

アイコンの説明