圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

チキンフリカッセ

  • 肉料理
  • 煮る
  • 洋食

印刷する

668kcal

野菜や鶏肉から出るアクを取る分、手間はかかりますが、丁寧で、すっきりした味で、ご馳走っぽいです。
汁を少なめにして盛れば、人参の赤、青みの緑、シチュウの白が華やかです。

材 料

鶏のもものぶつ切り:800g
塩:小さじ1+1/2(有塩バターの場合)
  小さじ2(無塩バターの場合)
小麦粉:小さじ2
玉ねぎ:1個
人参:細め1本
ブロッコリー:1/3~1/4個
ホールマッシュルーム缶:ミニサイズ1缶(50g程度の小さな缶)
生クリーム:1/2パック(100cc)
バター:大さじ2
水:カップ2+1/2(500cc)
鶏ガラスープの素:小さじ1

他に青みとして、ほうれん草、グリーンピース、さやいんげん等:適量

作り方

(1)鶏のぶつ切りは、ボウルに入れて、分量の塩を入れて手で鶏に揉み込み、そのまま、30分以上置く。(味を染み込ませるため)
付け合せのほうれん草などを茹でて、水に取った後、水気を切っておく

(2)玉ねぎは、1cm角に刻む。
にんじんは、2口程度の大きさの乱切りに切る。
ブロッコリーは、下の固いところを切り取って、房に分ける。
じゃがいもは、きれいに洗っておく。
マッシュルームは、缶詰から出して、水気を切っておく。

(3)小さい鍋に水と人参を入れて、火にかけ、沸騰して、アクが出始めたら、1分程度煮てから、ざるに揚げておく。(人参のアク抜きが目的で、人参は固くても良い)

(4)お鍋にお湯を沸かし、塩を少々(分量外)入れて、ブロッコリーを入れて、固めに茹でる。(これは食べられる柔かさ)

(5)圧力鍋にバター大さじ2を入れて、中火にかけ、バターが溶け出したら、鶏肉を入れ、焦げないような火加減で、全体が白くなるまで炒める。(鍋は多少色付きますが、余り焦げ付かないような火加減で、炒めてください)

(6)鶏肉を一旦、別皿に取り出す。

(7)鶏肉を出した圧力鍋の中に、玉ねぎの1cm角を入れて、中火で混ぜながら炒める。
透明感が出てきた後、1~2分くらい炒めて、小麦粉小さじ2を入れて、混ぜながら更に炒める。

(8)小麦粉が薄めに少し色付いた状態で鍋底に張り付いてきたら、火を消す。

(9)そこに、水500ccと鶏ガラスープの素小さじ1を入れて、火にかけ、鍋底をかき混ぜて、小麦粉を溶かす。
また、沸騰させて、浮いてくるアクを粗方取った後、圧力鍋の蓋をする。

(10)沸騰して圧がかかったら、火を弱めて 普通圧1分30秒 又は 高圧45秒 加熱、その後消火して、自然放置。

(11)圧が抜けるまでの間、ほうれん草やさやいんげんなどを、バター炒めして、軽く塩・胡椒しておく。

(12)また、じゃがいもは、皮を剥いて、人参の2~3倍の大きさに乱切りする。(水に浸けない。)

(13)圧が下がったら、蓋を開け、人参、じゃがいもを加え、再び圧力鍋の蓋をして、火にかける。

(14)圧がかかったら、弱火にして 普通圧1分 又は 高圧30秒 加熱、その後消火して、自然放置。

(15)圧が下がったら、蓋を開けて、ブロッコリー・マッシュルームを入れて一煮立ちさせ、火を弱めて、生クリームを入れる。(生クリームを入れたら、沸騰させないこと)
味見して、足りなかったら、塩・胡椒を足す。

(16)お皿の向こう側に青みのほうれん草などを置き、手前に、チキンフリカッセを彩り良く盛る。

<ポイント>
あらかじめ、(11)か(15)まで作っておくと、楽ですよ。

使用鍋:ワンダーシェフ 6L(普通圧)

上に戻る

アイコンの説明