圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

五目豆

  • 米・豆・卵・その他
  • 煮る
  • 和食

印刷する

427kcal((200g))

「粗食」がブームですが、この五目豆は、大豆の蛋白質、根菜の繊維、昆布のミネラルなどが取れる点で、身体に良いおかずです。国産大豆を使うと、とても美味しくできます。

材 料

大豆の戻し方(出来上がり770g)
国産大豆:2カップ(300g)
水:たっぷりの水
干し椎茸:2枚
人参:50g
ごぼう:50g
昆布:5cm
こんにゃく:1/4~1/3枚

豆の茹で汁:100ml
砂糖:大さじ3(できれば、三温糖やきび糖)
酒:大さじ2
醤油:大さじ3

(好みで)醤油追加分:大さじ1~2

■使う道具
圧力鍋+蒸し皿
キッチンペーパー

下ごしらえ

■大豆の戻し方
1. 大豆2カップ(300ml)は、三倍の水に一晩浸けておく。(最低6時間)
2. 大豆を、圧力鍋に入れた後、水を入れる。
(水の高さの最高は、豆線の高さまで、それ以上は入れないこと)
3. 蒸し皿をひっくり返して、大豆の上に乗せ、蓋をして、点火して、圧がかかったら火を弱めて15分圧をかける。
4. 15分経ったら、消火して、自然放置。
5. 圧力が落ちたら蓋を開けて、豆を取り出すが、茹で汁は、200ml程度取っておく。
6. 豆使う分量(今回の場合は半分)と、冷凍する分を分ける。
7. 冷凍する分は、ビニールの袋に茹で汁とともに入れて、冷めたら、口を縛り、冷凍庫に入れて凍らせる。

■五目豆
1. 干し椎茸は、水に浸けて戻しておく。
2. 昆布も厚めのものだったら、水に少しつけて、戻す。(長時間は浸けないこと)

作り方

1.
にんじん、ごぼう、戻したしいたけは、1cm角に切る。

2.
こんにゃくは、沸騰している湯に入れて、下茹でし、アクを抜く。 (2〜3分茹でる)

3.
こんにゃくを鍋から取り出し、触れる温度になったら、0.5~1cm角に切る。

4.
昆布も1cm角に切る。(キッチンばさみで切ると楽)

5.
圧力鍋に大豆(戻した半量)と、茹で汁カップ1/2(100ml)、砂糖大さじ3、醤油大さじ3、酒大さじ2と、人参・ごぼう・椎茸・こんにゃく・昆布を入れる。

6.
材料の上に、水で湿らせて、軽く絞ったキッチンペーパーを被せ、その上に蒸し皿をひっくり返して、置き、蓋をする。

7.
点火して、圧がかかったら、 普通圧2分 又は 高圧1分 2分経ったら、消火して、自然放置。

8.
圧が下がったら、蓋を取る。

9.
汁気が多く残っていたら、火をつけ、時々、鍋を揺すりながら、軽く煮詰める。(2分半程度)

10.
味を見て、塩気が足りないと思った人は、醤油大さじ1~2を加えて、鍋を揺すり、全体に行き渡らせる。

11.
別の器に移し、食べるまで、大豆を汁に馴染ませておき、ときどき、ひっくり返す。

<ポイント>
昆布や椎茸から良い味が出るので、出汁を使わないで作れるレシピです。茹で汁を捨ててしまった場合は、水でも大丈夫です。もうちょっとこってりした味が欲しい場合は、鶏肉の細切れ・焼きちくわ・あさりの水煮缶を入れると良いでしょう。

使用鍋:ワンダーシェフ 6L(普通圧)

上に戻る

アイコンの説明