圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

牛タンの味噌漬け

  • 肉料理
  • 煮る
  • 和食

印刷する

676kcal

牛肉タンを茹でて、味噌に包んで、味噌の味を牛タンに染み込ませる料理です。
大勢が集まるパーティに、安くて簡単で評判の良い一品です。
簡単なのですが、作るのに、一週間かかりますから、予定を立てて、頑張りましょう。

材 料

牛タン1本:1本(700~800g)
味噌:300g
酒か味醂:少々

【使う道具】
圧力鍋
ガーゼ(牛タンを包む程度の大きさ)

作り方

■パーティ5日前
1. 牛タンは、冷凍だったら、7日前の夜に冷蔵庫に移し、解凍しておく。

■パーティ4日前の夜
2. 圧力鍋に、牛タンを入れてかぶるくらいのお水を入れて、沸騰させる。
3. 沸騰した湯の中に牛タンを入れ、再度沸騰させる。
4. お湯を捨て、水を入れて、火にかける。
5. 上記3と4の手順を後2回繰り返す。(合わせて3回行う)
6. 圧力鍋に、牛タンとかぶるくらいの水を入れて、火にかけ、圧がかかったら、弱火にして普通圧25分 又は 高圧12分~13分 煮て、消火。
(全体が中まで火が通ったように、触ると固めで、竹串を刺して、すっと通れば出来上がり)
※パッキン、蓋はぬめりがあるとお鍋の吹き出しを招く可能性がありますのでご使用の度洗って下さい。
7. そのまま中の牛タンとお湯が冷めるまで置いておく。
8. 冷めたら、牛タンをチェックして、不要な脂肪などを取り除く。
9. 牛タンをガーゼで包む。
10. 味噌に、お酒か味醂を少々加えて伸ばす。
11. 味噌をラップに広げ、真中にガーゼで包んだ牛タンを置き、味噌のラップで包む。
12. 冷蔵庫に3日置いておく。

■パーティ前夜
13. 味噌とガーゼを少し取り除いて、真中を薄く切って味見をしてみる。
塩っぽさがちょうど良かったら、味噌とガーゼを外し、ラップに包んで、冷蔵庫で保管しておく。
塩っぽさが足りなかったら、もう半日、味噌で包んだまま、冷蔵庫に保管しておく。

■パーティ直前
14. 薄く切って、盛り付けて完成です。

<ポイント>
3回茹でこぼすのは、アクを取るためです。牛タンは、アクと脂がすごいので、下処理を必ず行ってください。また、使用した味噌は、袋に入れて、冷蔵庫に入れておけば、次回のときも使えます(味が薄くなるまで、何回でも使えます)

使用鍋:ワンダーシェフ 6L(普通圧)

上に戻る

アイコンの説明