圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

栗きんとん

  • 野菜料理
  • 米・豆・卵・その他
  • 煮る
  • 和食

印刷する

501kcal

材 料

サツマイモ:500g
焼きミョウバン:大さじ1
くちなし:2~3個
ひたひたの水
砂糖:150~200g(カップ1杯は130g程度)
味醂:大さじ2
塩:小さじ1/2
栗の甘露煮:15~16個(汁気を良く切っておく)
栗の甘露煮のシロップ:大さじ2

■使う道具
フードプロセサー、バーミックス、こし器のいずれか
小さい鍋

下ごしらえ

■栗の甘露煮(ケーキ用)
1. ボウルに水500mlと焼きミョウバンを入れて混ぜた中に、むき栗を1時間浸けておく。
2. 一時間経ったら、ボウルから出して良く水洗いをして、圧力鍋に入れる。
3. 水をひたひたに入れて、蒸し皿をひっくり返してかぶせ、圧力鍋の蓋をする。
4. 点火して、沸騰するまで強火、沸騰して、圧がかかったら、弱火にして、3分煮る。
5. 3分経ったら、消火して、自然放置。
6. 圧が完全に下がったら、蓋を取り、お水がひたひたか確認し、多かったら捨て、少なかったら足す。
7. 砂糖50gを入れて、一度火をつけ、沸騰させて、砂糖を溶かし、消火する。
8. 普通の蓋をして、冷めるまで、汁に浸けておく。(一晩置いても良い)
(あら熱が取れたら、栗が汁から出ないように、キッチンペーパーなどをぴたっと被せ、ラップでおおっておくと良い。)

作り方

1.
さつまいもは、1.5~2cm程度の輪切りにして、厚めに皮をむき、焼きミョウバンを溶かしたお水に1時間浸けた後、お水で洗っておく。

2.
圧力鍋にサツマイモを入れ、新たなお水をひたひたに入れる。
くちなしは、とんかちなどで軽く割って入れる。

3.
圧力鍋の蓋をして、火にかけ、圧がかかったら、弱火にして 普通圧2分 又は 高圧1分 加圧。
その後、火を消して、自然放置で、圧を下げる。

4.
開けて、竹串を刺して、すっと通れば、茹で上がり。

5.
熱いうちに、フードプロセサー・バーミックス・こし器などで、茹でたサツマイモを裏ごす。(機械で裏ごす場合は、茹で汁を少々加える)

6.
5 をお鍋に取り、中強火で、砂糖半量、甘露煮のシロップを加えて、手早く、滑らかになるよう練っていく。

7.
練りながら、味を見ながら、砂糖を加え、甘さを決めていく。(味見をするときは、火からおろすこと)

8.
つやが出て、ぽってりとしたら、弱火にして、栗の甘露煮と味醂、塩を加えて混ぜ、5分程、焦げないようにかき混ぜながら、ゆっくりと煮る。

9.
パットやお皿に広げ、荒熱を取る。

10.
完全に冷めてから、保存容器に入れる。

<ポイント>
サツマイモを水にさらすのは、アクを抜くため、ミョウバンを入れるのは、さつまいもの煮崩れを防ぐ効果があるため、クチナシは色付けのためのものです。
両方ともあればよいですが、なければ、省略も可能。(クチナシはあった方が色はきれいです)
このお料理は冷凍可能ですので、多過ぎたら、冷凍してください。

使用鍋:ワンダーシェフ 6L(普通圧)

上に戻る

アイコンの説明