圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

枝豆  塩茹で と  蒸し

  • 野菜料理
  • 米・豆・卵・その他
  • 煮る
  • 和食

印刷する

136kcal

枝豆の塩茹での出来上がりは、普通鍋で茹でたのと同じ食感、色は、短時間で茹でるため、普通鍋で茹でたものより、緑色がきれいです。
是非、試してください。

材 料

枝豆:400g
水:500ml
塩:小さじ1
塩:小さじ1~大さじ1

■使う道具
圧力鍋
ザル

蒸す場合は、蒸しす

作り方

1.
枝ごとの豆を買ったときは、枝から、はさみで、さやの先、2~3mmのところを切り離す。さやを切る。(茹でている間に、お湯がさやの中に入るように)

2.
枝豆をボウルに入れて、塩(分量外)を振り入れ、さや同士をこすり合わせるような感じで、うぶ毛を取り、水で洗い、水を切っておく。

3.
圧力鍋を火にかけるガス台と流しの間、流しのシンクの中に障害物がないか確認。

4.
圧力鍋に、お水を500ml入れて沸騰させ、塩小さじ1を入れて溶かした後に、枝豆を入れる。

5.
圧力鍋の蓋をして、強火にし、圧がかかったら、弱火にして 普通圧1分30秒 又は 高圧45秒 茹でる。

6.
 普通圧1分30秒 又は 高圧45秒 したら、火を止め、慎重に丁寧に、圧力鍋を流しの中の水道の蛇口の下に置く。


7.
水を圧力鍋の上からかけて、急冷。


【蒸す場合】圧力鍋に分量外の水を入れ、蒸しすを入れ枝豆を載せる。圧力鍋の蓋をして点火。 普通圧30秒 又は 高圧0秒 で火を止め、自然放置(急冷はしません)。フロートの降下を確認後蓋を開けて下さい。


8.
圧が下がったら、蓋を取り、ざるに豆を上げる。

9.
水気をざっと切ったところに、好みの塩の量(小さじ1~大さじ1)を振り、全体が馴染むように数回、ザルを上下させる。

10.
粗熱を取るように、冷まし、熱さが納まったら、器に盛って、食卓に出す。

<ポイント>
急冷は、静かに丁寧に行えば、怖くないです。そのためには、料理する前に、ガス台と流しの間が片付いているか、安全に圧力鍋を移動できるか等、予めチェックしましょう。
圧1分半かけた枝豆を放置しておくと、煮え過ぎて、さやの緑色が飛び、茶色っぽくなりますし、茹で過ぎになります。1分半で十分豆の味が引き出せて美味しく茹で上がりますが、柔かめの好きな方は2分でも良いでしょう。
枝豆をすり潰して使う場合は、圧2分放置2分程度で、とても柔かくなります。

使用鍋:ワンダーシェフ 6L(普通圧)

上に戻る

アイコンの説明