圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

じゃがいものそぼろ煮

  • 肉料理
  • 野菜料理
  • 煮る
  • 和食

印刷する

244kcal

じゃがいもの素朴な味を生かしました。

材 料

じゃがいも:500g程度
鶏挽肉:100g
油:.大さじ1
出汁:カップ1(200ml)
醤油:大さじ3
味醂:大さじ1
砂糖:大さじ1
塩:1つまみ
さやえんどう:1/2袋
(茹でるための塩:少々)

■出汁にとろみをつけるなら、
片栗粉:大さじ1/2
水:大さじ1
(レシピのポイント参照)

■使う道具
圧力鍋+蒸し皿(落し蓋として使用します)
キッチンペーパー1枚
小鍋(さやえんどうを茹でる為に使います)

作り方

1.
ジャガイモは、水で洗った後、包丁で皮をこそげ取る。
大き目のものだったら、2~4等分して、大きさを整える。

2.
キッチンペーパーで水気を拭いておく

3.
油大さじ1を圧力鍋に入れ、火をつけて温める。

4.
鶏挽肉を入れて、焦げ付かないようにかき混ぜて、火を通す。

5.
鶏挽肉に火が通ったら、じゃがいもを入れて、全体に油が回るように炒める。
(初め強火、炒まってきたら、段々火を弱める。時々鍋を揺らして、上下を返す。)

6.
じゃがいも全体に油が回ったら、出汁カップ1、醤油大さじ3、砂糖・味醂各大さじ1、塩1つまみを入れ、落し蓋を(蒸し皿を使う場合はうつ伏せに)載せてから圧力鍋の蓋をする。

7.
圧がかったら、火を弱め、圧を 普通圧3分 又は 高圧1分 かけた後、消火して、自然放置。

8.
フロートが降りているのを確認してから圧力鍋の蓋を開け、落し蓋(蒸し皿)を取り除き、普通の蓋をして、食べるまでそのまま置いておき、味を含ませる。

9.
さやえんどうは洗って、筋を取り、塩を少々入れた湯で、色良く茹でておく。

10.
食べるときに、温め直し、盛り付け、さやえんどうを飾る。
とろみをつけたい方はこの時点で。温め直しの後じゃが芋を取り出し、再び火を付けて、残りの汁に水溶き片栗粉を入れてかき混ぜて下さい。

<ポイント>
圧力鍋の煮物の場合、水分が蒸発しないので、濃い目の出汁を少量使うことがポイントです。じゃがいもを取り出した後、鍋に残った熱い汁に、片栗粉大さじ1/2を水大さじ1で溶いたものを入れて、かき混ぜながら煮て、とろみをつけても良いです。

使用鍋:ワンダーシェフ 6L 普通圧

上に戻る

アイコンの説明