圧力鍋レシピ集:200種類以上のレシピをご紹介!

タピオカのココナッツミルク

  • 煮る
  • お菓子・デザート

印刷する

150kcal

小粒のタピオカは、圧力鍋で簡単にきれいに戻すことができます。
冷たく冷えたミルクとタピオカの組み合わせは、夏のデザートにぴったりです。

材 料

タピオカ:100g
(ミニパール直径4mm程度のもの)
熱湯:600ml程度
牛乳:1+1/2カップ(300ml)
ココナッツミルク:1/2カップ(100ml)
砂糖:大さじ3杯程度(甘さは好みで)

■飾り付け用
生や缶詰のフルーツ(写真は、キウイとバナナ)

注:砂糖は、上白糖でも良いが、さとうきび砂糖や三温糖の方がコクが出る

作り方

■ミルクの準備
(1)牛乳を軽く沸かして、砂糖を入れて溶かす。

(2)その後、ココナッツミルクを入れて混ぜる。

(3)鍋ごと水に浸け、粗熱を取る。

(4)冷蔵庫で冷やしておく。(甘さは、好みで加減してくださいね)

■タピオカの準備
(1)鍋に600cc熱湯を入れ(もしくは、600cc強の水を入れて煮立たせ)、そこにタピオカを100g入れて、蓋をして10分置いておく。
(間、2~3回は底から木べらで混ぜる)

(2)10分経過したら、底から最後に大きく混ぜ、点火し、普通圧3分 又は 高圧1分、放置10分
(だいたい自然放置の場合と同じ時間となる筈)」

(3)この段階で大きく、木べらで上下を返すように混ぜて、再度蓋をして「放置5分」

(4)蓋を開けて、透明度をチェックする。(「数個程度白いものが見える」はOK。
白いタピオカが多い場合は、再度火にかけ、ぐらっとさせてから、また、蓋をし、放置5分して、様子を見る。)

(5)出来上がったら、鍋を流しに持っていき、鍋に水を入れて、中の茹で汁を薄めて、冷まし、タピオカをこぼさないように水を出す。を2,3回繰り返し、タピオカの粗熱を取る。

(6)タピオカの粗熱が取れたら、ざるに上げて、水気を切る。

■仕上げ
(1)タピオカをミルクの中に入れる。(時間があったら、このまま冷やす)

(2)フルーツを適度な大きさに切り揃える。

(3)器に、タピオカとミルクを注ぎ、フルーツを並べて出来上がり。

<ポイント>
タピオカが茹で上がった後、熱々のままざるに取ると、ざるにくっついてしまいます。

タピオカは、デンプンの塊なので、冷えにくく、冷蔵庫に1時間入れておくだけでは、芯から冷えません。
ですので、急ぎの時は、この出来上がりのタピオカミルクの中に、氷を浮かべて食べることをお勧めします。(本場のタイでは、それが普通の食べ方のようです)

使用鍋:ワンダーシェフ 6L 普通圧

上に戻る

アイコンの説明